美しい暮らしの空間アドバイザー
大阪市在住、稲葉さやかです。

今日は60代夫婦の定年後のお片付け【書斎】をご紹介いたします。

前々回の記事で

『Hさん宅のリビングは物も多くありませんし、すごく散らかっていた印象はありませんよね?
でも、それにはちょっとした理由があったのです・・・。』

と書きました。

理由をズバリ!言いますと
Hさん宅には、第2のリビングが存在していたからです。

第2のリビングとは、今日ご紹介する【書斎】になります。

間取りを見ながらビフォー写真を見てください。
2017-12-21-16-08-30
書斎は約7畳の洋室。
入口から撮った写真です。
P1050474
P1050484
テレビを正面から撮った写真。
BlogPaint
逆を向いてテレビ側から撮ると、本棚と棚が並んでいるのが見えます。

書斎には造り付け収納が1ヶ所ありました。
扉前には背の低い可動式の棚が3つ置かれており、右側の扉はスチールラックと干渉しているので、開けることができません。

いわゆる開かずの間になっておりました(^^;)

P1050699
家具を移動させ、扉を開けた写真。
P1050725
奥行は約80センチ。
ここは階段上にあるため、収納部分は腰より上だけです。

収納内に段差があり、中は段ボールが積まれていて、収納しづらそうでした。

中に入ってる物を伺うと、ご主人もよく覚えていない・・・とのこと。

かれこれ5年近く扉を開けていなかったみたいです。

Hさん宅の書斎は、夫婦の私物が1番多く集まっている場所でした。

間取りを見てわかるように、壁一面に収納家具が置かれています。

それでも、入りきらない物で部屋は溢れかえっていました。
部屋の広さと収納スペースに対し、物の量も多すぎますね。

Hさん宅は部屋が余っているはずなのに、なぜ、書斎に物が集中していたのか。。。

ご夫婦に書斎の使い方を聞いてみると、

・テレビを見たり本を読んだり、コーヒーを飲んだりして、くつろぐ場所

・パソコン、又は事務作業をする場所

この部屋は書斎ですが、用途としてはリビングに近い使われ方をされていました。

ご夫婦はほとんどの時間をこの書斎で過ごされていたので、1階のリビングはあまり使っていなかったそうです。

人が集まり長い時間過ごされる場所には、自然と物が集まります。

前々回にご紹介したリビング。

物が少なかった理由・・・皆さんお分りいただけましたでしょうか?

しかし、部屋の広さや収納にも限りがあります。

それに、リビングの様にゆっくり過ごしたい場所は、圧迫感を減らし、人がくつろげるスペースを確保したいですよね。

映画好きのご主人は、書斎をオーディオルームにしたい、とおっしゃっていました。

物が多く収納家具で圧迫されている書斎を、くつろげるオーディオルームに変身させるべく、お片付けスタートです!

Hさん夫婦には、書斎を片付ける前に宿題を2つ出しておりました。
① 使用頻度が低いものは元・子供部屋(夫婦の趣味部屋)に移動する
② 書斎に残すものを分類しておく

今ある物、全てを書斎に収納することは無理だったので、優先順位を決めていただき、使用頻度が低い物は元・子供部屋に移動しました。
幸いHさん宅は余っている部屋があったので、問題なく収納することができました。


②の分類においては、ご夫婦に分類作業の必要性と、キッチリ整理整頓して美しく収納することの大切さをお伝えさせていただきました。

Hさんご夫婦が苦労して宿題をやりとげた【書斎】のビフォーアフターです!
   

ビフォー
P1050474
アフター
P1060044
ビフォー
P1050699
アフター
P1060048
ビフォー
P1050481
アフター
P1060038
ビフォー
BlogPaint
アフター
P1060040
ビフォー
P1050725
アフター
P1060053
書斎には今使っている物だけを厳選してもらうことで、造り付け収納や、本棚に収めることができました。

造り付け収納には、無印の引き出し9個と、その上に板を乗せてフィッツのPPケースを4つ置いています。

無印のケースには、主に衛生用品など、細かいものを収納しました。

写真はありませんが、机の引き出しも整え、こちらも必要なものだけ残して収納しました。

アフターの間取りです。

今まで壁一面に置かれていた収納家具。

思い切って、本棚とスチールラック以外は処分しました。

家具が減ったので部屋が広く使え、収納の扉も開閉しやすくなりました。

Hさん、本当にお疲れ様でした!

たくさんのものと向き合い、取捨選択し、分類作業をすること。

これらはお片付けでとても重要な作業です。

特に取捨選択はご家族にしかできないことです。

めは取捨選択することも大変そうにしていたご主人が、半日かけてネジの分類作業をされたと聞いたときは、本当に頑張られたのだなぁと感動しました

残すと自分が決めたものだからこそ、すぐに使える様に美しく収納することは大切ですよね。

今回、書斎のお片付けはすごく時間がかかりました。

時間がかかった理由は、残す物が多かったからです。

残す物が多いほど、お片付けにかける時間やその後の管理にかかる時間は増えます。

時間をかけてでも残したい物ならば良いですが、そうではない場合・・・もう一度取捨選択を見直した方が良いかもしれませんね(^^)

次は1月10日(水曜日)に更新予定です。

   

本日も読んで頂き
ありがとうございました
(o^^o)

にほんブログ村に参加しております!
更新の励みになりますので、
応援クリックお願いします!

下の写真をポチッと押してくださいね♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村



illust2710

*セミナーのお知らせ*

有難いことに、1月30日(火)関西でセミナーを開催させていただけることになりました。
下記画像をクリックしていただくと、詳細ページにとびます。





家のお悩みは人それぞれ・・・
住まいの現状や相談者の思いを考慮した片付けを提案します

安東流の本物のお片付けをご一緒に!
Let’s  tidy  up!

≪整理収納アドバイス&ルームメイク≫
1時間 ¥5,000(税抜) + 交通費実費
≪活動地域≫
大阪市内の自宅から、片道1.5時間程でお伺いできる範囲で考えております。
遠方の方もご相談承りますので、お気軽にお申し付けください。
◎料金◎
◎お片付けコース一覧◎
◎お申し込みの流れ◎
◎稲葉へのお問い合せ・お申込み◎